上尾の歯医者、とも歯科クリニックの小児歯科よくある質問

小児歯科Q&A

『小児歯科』のよくある質問

小児歯科ってどんな診療科ですか?
小児歯科とは、乳歯が生え始める0歳から永久歯が生え揃う中学生くらいまでのお子様のお口の健康を守るための診療科です。
具体的にはお子様のお口の中の病気の診断や虫歯治療、虫歯予防について相談頂ける診療科です。
子供の頃の虫歯は、お子様の将来の生活に様々な面で大きく影響します。
虫歯があると、食べ物をよく噛むことが出来ないため、胃腸系など身体にあたえる影響はもちろん、顎の発達不良等の引き金になることもあります。
また、重度の虫歯を放置すると永久歯が生えてきた時、本来生える場所に生えることが出来ず、その結果歯並びが悪くなったり致します。
また乳歯の奥で育っている永久歯にも虫歯菌が悪さをします。
いつごろから小児歯科に
かかった方がいいですか?
お子様が生まれて、いつから小児歯科を受診したほうがよいのか決まりはありませんが、乳歯が生え始める前でもご心配であれば、いつ受診頂いても構いません。
とも歯科クリニックでは、歯の生えはじめから混合歯列期そして完全に永久歯に生えかわるまでいつでもご相談を受付けております。
乳歯は虫歯になりやすいと
聞きましたが。

はい、確かに乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすいです。
一見、虫歯がなさそうに見えても、歯医者で診てもらうと実は小さな虫歯があったなんてことはよくあることです。
それではなぜ乳歯は虫歯になりやすいのでしょうか?
以下の理由が考えられます。

  • 永久歯に比べて歯の層が薄い
    乳歯は、永久歯に比べてエナメル質や象牙質の厚さが半分程度しかありません。
    また乳歯は永久歯と比べても再石灰化の力も弱いことも原因です。
  • 歯磨きの不足
    特に小さなお子様は自分一人だけでは充分な歯磨きができません。
    表面的にはキレイに磨けていても、実は磨き残しがたくさんあったりします。
  • 食べかすがつきやすい
    乳歯は永久歯に比べて食べかすが付着しやすい上に、特に子どもはお菓子などを好むことも原因です。