小児歯科

CONTENTS

小児歯科とは、お子様のお口の健康を守るため、お口の中の病気の診断や虫歯の治療方針、そして未来にわたってお子様のお口の健康維持に重要な虫歯予防の方針を立て、乳歯の生えはじめから永久歯が生えそろうまでのお口全体の健康管理をする歯科診療科です。
子供の頃の虫歯は、お子様の将来の特に食生活に様々な面で大きく影響をきたします。

具体的には、虫歯があると食べ物をよく噛むことが出来ないため、胃腸等の消化器臓器にあたえる影響はもちろん、顎骨の成長不良の原因ともなります。
また、重度の虫歯を放置すると永久歯が生えてきた時、きちんと決められた顎の位置に生えることが出来ず、その結果歯並びが悪くなったり、また乳歯の奥で育っている永久歯にも悪影響をきたします。

お子様が歯医者嫌いになると、その後ますます足が遠のき、将来虫歯や歯周病で大切な歯を失うことにつながってしまいます。
そのような状態にならないように、とも歯科クリニックにはお子様が楽しく通院できるような工夫があります。
また、通院されるすべてのお子様に歯科医院へ来た方がいい理由をきちんと説明させて頂くことにより、自主的に歯科医院に来て頂けるようお子様自身も変わっていきます。
スタッフ一同、歯医者が大好きなお子様になって頂けるよう最大限配慮しつつ診療をさせて頂きます。

CONTENTS

ぼうやに教えるお父さん

歯医者に行くことは大人でも敬遠される方が多くおられます。
小さなお子様であれば、もっともっと歯医者を怖く思うことは至極当然なことだと思います。

そこでとも歯科クリニックではそれぞれのお子様の性格を考慮し、歯科医院自体に慣れてから実際の歯科治療を始めています。

定期的に歯科検診を受けると、最初に受けた年齢が小さければ小さいほどその後の虫歯になる確率が少ないというデータがあります。
如何にお子様が小さなときからの虫歯予防として歯科医院へ行くことが大切かということがわかります。

虫歯や歯周病の予防を十分にして、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないで済むようにする事が非常に大切です。
ご家庭での歯磨き習慣等のセルフケアはもちろんですが、3~4ヶ月に一度は歯科医院で定期的なプロメンテナンスを受けることをお勧めします。 定期的なプロメンテナンスを受けることで病巣の早期発見につながり痛む前に完治します。
丁寧なセルフケアと敵的なプロメンテナンスが両輪となってはじめて、お子様のかわいい大切な歯を守ることができるのです。

スタッフ全員子供好き

大人はもちろん、特にお子様は歯科治療に対してトラウマになったり、歯医者嫌いにならないようにスタッフ一同最大限の配慮を行なっております。

乳歯は永久歯よりもデリケート

乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすく、一見、健康そうに見える歯でも、歯科医院で診てもらうと実は虫歯だらけ…なんてこともよくある話です。
ではなぜ乳歯は虫歯になりやすいのでしょうか?
それには主に以下の理由があります。

  • 永久歯に比べて歯を構成する層が薄い 乳歯は、永久歯に比べてエナメル質や象牙質の厚さが半分程度しかありません。 また再石灰化する力も弱いため、虫歯菌に溶かされやすいといえます。
  • 歯磨き不足特に小さなお子様は自分一人だけでは充分な歯磨きができません。
    表面的には綺麗に磨けているようにみえても、実は磨き残しがたくさんあったりします。
  • 食べかすが溜まりやすい乳歯は永久歯に比べて食べかすが付着しやすい上に、お子様は粘着性のあるお菓子などを好みます。
    そこで簡単に虫歯菌が発生してしまうのです。

ページトップへ

おうちでできる虫歯予防

歯を健康に保つためには、歯磨きなどのセルフケアが欠かせません。
小さなお子様は自分で十分に歯磨きをすることが難しいので、保護者様がしっかり磨き残しがないかしっかりチェックしてあげる必要があります。
詳しくは次の項目を参考にしてください。

  • 歯ブラシのヘッドは小さいものをお子様の歯やお口の大きさに合わせて、歯ブラシのヘッドは小さく奥歯までしっかり届くものを使ってください。
  • 頭をしっかり安定する お子様が寝た姿勢がもっとも歯を磨きやすい体勢です。
    保護者様の膝にお子様の頭を乗せて安定させ、丁寧に磨いてください。
  • 歯ブラシを細かく動かす歯ブラシを持つときはペンを持つように軽く握って、細かく動かしながら磨きます。
  • 磨く歯の順番を工夫する刺激に敏感な前歯から磨き始めますと、お子様が嫌がることがあります。
    そこで感覚の鈍い下顎の奥歯から始めて、上の奥歯・下の前歯・上の前歯という順番で磨くと比較的スムーズにブラッシングが可能になります。
  • 六歳臼歯をチェックする六歳臼歯は溝が深く虫歯になりやすい歯です。
    しかも上下の歯の咬み合わせを決定するという大切な役割も持っています。
    丁寧な歯磨きチェックが特に大切な歯といえます。

お子様の虫歯予防

とも歯科クリニックでは虫歯予防の為にフッ素塗布やシーラント治療を行っております。

フッ素塗布

歯質を強くして虫歯に対する抵抗性を高めることのできるものは、「フッ素」しかございません。 虫歯を予防するフッ素の作用には次のものがあります。

フッ素が歯の表面のエナメル質にふれると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化します。
そこで虫歯の原因菌に対する抵抗性が高くなるのです。
しかも虫歯になりかかった部分には、フッ素が作用しやすく、その部分の再石灰化を促し、虫歯の進行をおさえます。
フッ素の作用は歯に対するものが主体ですが、実はお口の中の環境にも作用するのです。
虫歯は、虫歯の原因菌の作り出す酸が原因ですが、フッ素はその酸をつくり出す菌の働きも弱めてくれます。

上記のフッ素の作用により、かわいいお子様の歯は守られるのです。

シーラント

シーラントとは、歯ブラシの届きにくい奥歯の深い溝をフッ素入りのプラスチックで塞ぐことで虫歯を予防する治療法です。
奥歯の溝はご存じのように深く複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らず、虫歯になってしまうことがあります。
上述のフッ素の作用とシーラントにより、虫歯になりやすい奥歯の虫歯を防ぐことができます。

お子様が歯医者嫌いにならないポイント

昔に比べて今の歯医者さんは痛みのできる限り少ない治療や明るい雰囲気作りに力を入れているところが多いと思います。 そのため歯医者さんは保護者の皆様が小さいころと比べて、怖いところではなくなってきていると思います。

まずは保護者の皆様が歯医者に対する苦手意識を払拭することが大切となります。

お子様は皆様の緊張した面持ちを敏感に感じ取ってしまいます。 そこでまずは皆様自身がリラックスしてお子様を安心させてあげてください。 以下に当たり前のことかもしれませんが、お子様が歯医者嫌いにならないポイントを1つ挙げさせて頂きました。

「ほめ上手たれ」

治療後はお子様をいっぱい褒めてください。 そうすることによってお子様は自信がついて、歯医者に行くことに抵抗感がなくなっていきます。 泣いてしまって治療が出来ない場合も決して叱らずにお願いします。

また、「痛くないよ」というのも逆効果です。
お子様にとって「痛くない」は「痛い」と同義語です。
「歯医者=痛い・怖い」というイメージを取り除いてあげることが重要です。
歯医者に行く時は、歯医者さんに行く理由や虫歯の怖さを丁寧に教えてあげることが一番です。

ページトップへ

Copyright©   上尾の歯医者、とも歯科クリニック. All rights Reserved.