上尾の矯正歯科 とも歯科クリニック

矯正歯科

とも歯科の矯正治療

矯正治療というとどんなイメージがありますか?
次のようなイメージをお持ちの方も多いのではないかと思います。

  • 治療費が高い
  • 治療期間が長い
  • 笑ったときに目立つ矯正装置 等

上記のように矯正治療は敬遠されがちな治療ですが、とも歯科クリニックの矯正治療はそのようなことはございません。 とも歯科クリニックでは患者様の年齢やご希望、歯並びの状態、生活スタイルに合わせた適切な矯正治療を行います。

悪い歯並びのデメリット

  • 歯並びが悪いと歯ブラシによるメンテナンス性が悪いので、虫歯や歯周病になりやすい
  • 上下の顎の発達や顔の成長に悪影響を与える
  • 正しい発音がしにくくなる
  • しっかり噛めないので、胃腸系に負担がかかる
  • 人前で笑えない等精神的なストレスを抱える

透明なマウスピースの矯正

当院では、透明で矯正治療の期間中いつでも取り外しが可能な、薄く透明なプラスチック製のマウスピース型矯正装置「SmileTRU(スマイルトゥルー)」を導入しております。
レーザースキャンによって取り込まれた3D立体画像をもとに、最終的な歯並び予測を3D画像上で確認することが可能です。

 

そこから、患者様に適した専用のオリジナルマウスピース矯正装置を作製します。
この装置は、見た目が透明なので、目立たなく非常に優れた審美性を持っており人目を気にせず矯正治療ができます。

実際の使用もとても簡単で、1日20時間マウスピースを装着し、2週間ごとに治療の進み具合を確認しながら新しいマウスピースに交換するだけです。
患者様に適した専用マウスピースなので、装着時も特に違和感なく使用頂けます。
日常会話などでもストレスを感じることもありません。
また、取り外しが可能なので、歯磨き時にしっかりとブラッシングをすることができるので、通常の矯正装置に比べ、口腔内を常にクリーンな環境に保つことができます。

SmileTRU(スマイルトゥルー)」にご興味ある方は是非当院までご相談下さい。

床矯正装置とは

取り外しができる入れ歯にような矯正装置で、お子様でも簡単に取り扱いが出来ます。
一般的な矯正治療は、上下左右4本の歯を抜いてから、そのスペースを利用して矯正治療を進めていきますが、床矯正は歯を抜かずに、顎骨を拡大することでそのスペースを作ります。

床矯正装置のメリットとデメリット

メリット
  • 歯を抜かない
  • 痛みが少ない
  • 取り外しができる(ご自分のペースで矯正治療が可能)
  • 治療費が廉価(矯正治療にかかる費用や時間がワイヤー矯正に比べて少ない
デメリット
  • 顎骨の成長を促して歯を並べるスペースを作るので、成人の方よりもお子様の方が効果が出やすい
  • ワイヤー矯正のように一度に全ての歯を並べられない
  • 多少装置を装着中は喋りにくい(慣れればご心配ありません)

拡大床による矯正治療の流れ

前歯が重なっています。キレイに生えるスペースがないため、拡大床を用いてスペースを作ります。

拡大床が入りました。これからスクリューを巻き、拡大床が広がることで、前歯の並ぶスペースを作ります。

スクリューはご自身で巻きます。スクリューが巻き終わりましたら、拡大が完了しました。前歯の並ぶスペースができました。

スペースはできましたが、前歯が並んでいないので、2つ目の拡大床を入れて、裏側から押すことで前歯の並びを整えます。

前歯が並びました。並んだからといって、すぐに拡大床を外すと後戻りします。歯を固定するためにしばらくこのまま装着します。

歯の固定も終わり、キレイに前歯が並びました。キレイな歯のお兄さんお姉さんを維持するために定期健診をしましょう。

  • 床矯正装置のスクリューはご自身、もしくはご家族の方に巻いて頂きます。
  • 床矯正装置は付けていれば付けているほど効果的です。

※ 但し、10~12時間は外していただいても大丈夫です。
※ 食事の際は外して下さい。取り外しは、必ず両手で、両側のワイヤーをつかんで外してください。
※ スクリューは、最初3日に1回、45度ずつ巻いてください。

ワイヤー矯正治療について

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正とはいわゆる皆様がイメージする矯正治療法です。
1歯1歯に矯正装置をつけて、その矯正装置にワイヤーを通して歯並びをよくします。
とも歯科クリニックでは、成人の方でもできる限り歯を抜かずに矯正治療を行います。
歯を並べるスペースを作るために、歯と歯の間を少しだけスライスして歯を並べていくこともあります。

ワイヤー矯正のメリットとデメリット

メリット
  • チタンという超弾性形状記憶合金のワイヤーを使用しているため、理想的な歯並びが比較的短期間に可能です。
  • 成人の方を含め、年齢制限はありません。
  • 難症例を除き、基本的に歯を抜きません。
デメリット
  • ワイヤーが見えることがあります。
  • 上述の床矯正装置に比べて矯正治療費が高くなります。

料金表

矯正相談 無料
初診、検査料 ¥50,000
拡大床(床矯正) ¥80,000 ~
ワイヤー矯正 小児 ¥500,000 ~(15歳まで)
ワイヤー矯正 大人 ¥700,000 ~
ワイヤー矯正 拡大床使用後 ¥300,000 ~
調整料 1回(ワイヤー交換、歯のクリーニング等含む) ¥1,500 ~