マタニティ歯科

マタニティ歯科とは

マタニティ歯科

小児歯科や矯正歯科という言葉に比べて、マタニティ歯科という言葉はあまり聞き慣れないかもしれません。
ただマタニティという言葉の意味からおおよそ妊娠中のお母様の歯科治療だと想像が付くと思います。

そう、その通りマタニティ歯科とは妊婦さんを対象とした歯科治療のことです。

妊娠中の虫歯や歯周病のリスクを正しく知り、きちんと対処すればお母様のお口の健康はお子様の虫歯予防に直接つながるのです。

大切なお腹の赤ちゃんの虫歯予防のために今からできることがあります。それがマタニティ歯科です。

マタニティ歯科はお母様、お子様双方ともに必要です。

お母様にとって

妊婦であるお母様はお口の中のことで困っていることが多いものです。

例えば

  • 虫歯があるみたいだけど妊娠しているから歯科医院へ行けない
  • つわりもひどいこともあり、ブラッシングが出来ない
  • 食生活が変わり、頻繁に食事を摂っている など

妊娠や出産を境に歯を悪くされるお母様がたくさんいらっしゃいます。
お腹の中だけでなく、お口の中にも変化が起こっているからです。
そこで、とも歯科クリニックではお口のことで困っている妊婦さんが安心、リラックスして歯科治療を受けていただけるようにスタッフ一同心がけています。

お腹の赤ちゃんにとって

マタニティ歯科

虫歯や歯周病は菌による感染症です。
そして生まれたての赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌や歯周病菌は存在していません。

それでは何故みなさん虫歯や歯周病にかかるのでしょうか?

それはご家族、つまりまわりの大人の皆様から赤ちゃんが感染して虫歯や歯周病になるのです。

つまり赤ちゃんの一番身近にいるお母様から虫歯菌や歯周病菌がうつってしまうことが多いのです。

ですから妊婦さんのうちに虫歯や歯周病のリスクを減らすことが将来に渡ってお子様のお口の健康を維持することにつながるのです。

ページトップへ

Copyright©   上尾の歯医者、とも歯科クリニック. All rights Reserved.