インプラント

インプラントとは

資格証書

インプラントは乳歯や永久歯に次ぐ第三の歯を呼ばれております。
インプラントは、欠損歯の補綴(ほてつ)治療として、残存歯に負担をかけない歯科治療として今や多くの患者様に選ばれております。
インプラント治療は、天然歯と見間違うほどの形態と咀嚼機能を回復することができます。
皆様が抱えているお口の悩みが、インプラントによって解決できることもあります。
ぜひとも歯科クリニックへご相談ください。

インプラントの機能と可能性

インプラントとは上述のように、あなたの失った歯に代わって顎骨に埋入するチタン製の「人工歯根」のことです。
「人工歯根」が周囲の顎骨と結合した時点で、「上部構造(被せもの)」がこの人工歯根に固定されます。
このように装着されたインプラントは、見た目にも噛む機能でもあなたの他のご自身の歯となんら変わらないものになります。

インプラントを選択するメリット

インプラント治療には、以下のようなメリットがあります。

見た目が美しいというメリット

歯を失うと、時間と共に顎骨が退縮し始めます。
顎骨が収縮することにより、顎のラインが後退してお顔の皺が目立つようになります。
そこでインプラントにより、顎骨の変形や退縮を抑えて、自然な顔貌や表情を手に入れることが出来ます。

健康な歯列の維持のために

欠損歯が1本の場合、従来の方法では両側の健康な歯を削り、人工歯を被せるブリッジを行っておりました。
しかしながらインプラント治療は欠損歯の部分のみに人工歯根を埋入するため、ブリッジのように健康な歯を削る必要がありません。

従来の入れ歯と比較した優位性

従来の入れ歯と違い、インプラントは顎骨と人工歯根全体がしっかりと固定されるため、がたつきや噛んだ時の違和感や痛みがありません。
そのため外れやすい、噛めない、しゃべりにくい、痛いなどの入れ歯にありがちなお悩みがすっきり解消されます。

ページトップへ

インプラント治療の流れ

様々なステップを経て、インプラントの治療が終了するまでには概ね3~6ヵ月かかります。
一般的なインプラント治療の過程には次のような段階があります。

1.治療前の診察

患者様の病歴や心身およびお口の状態を検査し、インプラント治療が行えるか判断します。

2.インプラント(人工歯根)の埋入

麻酔下で顎骨にインプラントを埋入します。
数ヵ月後、顎の骨とインプラント表面が結合し固定されます。
その後、粘膜(歯ぐき)を整形して、インプラントに人工歯を取り付ける接合面を確保します。
この処置を二次オペ(2回法)といいます。

3.インプラント上部構造(被せもの)の製作

人工歯を製作するための型取りを行います。
天然歯のような自然な形態と機能を持った人工歯を製作し、インプラントに固定されます。

4.正しいメンテナンス

笑顔の女性

とも歯科クリニックでは院長が、定期的にインプラントの正しいお手入れとメンテナンスについてアドバイスします。
優れた材質と機能を持つインプラントは、日ごろのケアと歯科医院での定期的なメンテナンスにより、 天然歯と同じく長持ちします。

ページトップへ

Copyright©   上尾の歯医者、とも歯科クリニック. All rights Reserved.