入れ歯

とも歯科クリニックに寄せられる入れ歯のお悩み

入れ歯についてのお悩みは、とも歯科クリニックに寄せられる最も多いお悩みの一つとなっております。
特に以下の様なお悩みをお持ちの方が多いのです。

  • 1) 入れ歯で噛めない
  • 2) 入れ歯が合わない
  • 3) 入れ歯を調整しても、またすぐに噛めなくなる
  • 4) 入れ歯をつけていると話がしにくい
  • 5) 食事がおいしくない
  • 6) 入れ歯の匂いが気になる

入れ歯で噛めない理由は

作ったばかりの入れ歯があれっ?

入れ歯は、歯医者で皆様ごとにピッタリに作ってもらったとしても、次第に歯茎や骨が変形することで入れ歯が合わなくなります。

歯医者で入れ歯を新しく作ってもらって口に入れた時はフィットしていたはずなのに、自宅に帰り食事をする時に、ものを噛んだ瞬間に合わなくなってしまいます。

なぜ入れ歯は合わなくなるのでしょうか?

入れ歯は御存知の通り、歯茎という歯肉の上に乗っているだけです。
噛むことにより、その歯肉や骨が変形してしまいます。
特に新しく入れ歯を作る場合、作製にある程度の期間が必要となります。
その期間の間に患者様のお口の状態が変わってしまうことも多々あります。

ページトップへ

入れ歯の臭いの原因は

入れ歯の臭いが気になる方は多いようです。
入れ歯の臭いは、部分入れ歯でも総入れ歯でも、発生します。
ではなぜ入れ歯から臭いがしてくるのでしょうか。

入れ歯から臭いがするようになるのは、入れ歯の材質として使われているプラスチックに臭いがつくためです。
プラスチックには吸水性があり、吸水することによって臭いも一緒についてしまうのです。
さらに臭いだけではなく、着色もしてしまいます。
また、入れ歯をしていて臭いが気になるというのは、入れ歯が不潔な場合に雑菌が繁殖してしまい、口腔内(口の中)の自浄作用が低下している場合もあるようです。
入れ歯から臭いがして気になるという方もいらっしゃいますが、実は入れ歯よりも口臭自体があるという方もいらっしゃいます。
口臭の原因の多くは歯周病や虫歯、食事の食べかす、歯石、舌苔などにあります。

とも歯科クリニックの入れ歯治療

とも歯科クリニックでは上記のような入れ歯の様々なお悩みを解決するために以下の様な入れ歯治療を心がけております。

とも歯科クリニックの入れ歯が選ばれる3つの理由

その1:正確な型取り

歯茎と入れ歯の密着度が大きければ入れ歯は比例して安定します。しかし正確な型取りをしないと噛んだ時に歯茎が動き、密着度が小さくなり、結果噛めないのです。

その2:舌や頬などまわりの筋肉に調和

舌や頬に入れ歯が接触することによって、入れ歯が不安定になります。
舌や頬の動きに入れ歯を調和させることにより、安定度の高い入れ歯になります。

その3:咬み合わせも考慮

入れ歯が少し動いたとしても、噛み合わせのバランスが良ければ多少は安定しますが、歯が全く無い状態では噛み合わせのバランスをとるのは難しいといわれていました。
「噛める入れ歯」を作るには、正確かつ患者様お一人おひとりに合わせたオーダーメイド設計が必要となります。

目立たない部分入れ歯もご相談を

とも歯科クリニックでは、留め金のない、見た目も自然な部分入れ歯の製作を行っております。

現在、部分入れ歯を使用している方はわかるかと思いますが、部分入れ歯には、入れ歯を固定するための留め金が付いています。
この留め金が目立ってしまうのです。
とも歯科クリニックにはこの留め金が見えてしまうため、どうにかならないのというご要望をよく頂きます。
保険診療の部分入れ歯の場合、どうしてもこの留め金が存在します。 上記のお悩みを解決するためにとも歯科クリニックでは、しっかり噛めて留め金のないノンクラスプデンチャーの製作を行っております。
ノンクラスプデンチャーは、留め金の代わりにプラスチック製の義歯床で義歯を支えます。
そのため、お口を開けてもが金属製の金具が見えないので、見た目に大変優れています。
さらに、破折に強い素材で歯肉の色調と同化して、目立たないことが今までの部分入れ歯とまったく違うところです。
留め金のない部分入れ歯についてもとも歯科クリニックへお気軽に相談ください。

ページトップへ

Copyright©   上尾の歯医者、とも歯科クリニック. All rights Reserved.