一般歯科(歯周病)

歯周病とは?

ほほをおさえる女性

歯周病とは、いわゆる歯茎や歯肉の病気だと思っておられる方が非常に多いのではないでしょうか?

しかしながら歯周病とは、歯を支える大切な骨が歯周病菌によって溶かされていく自覚症状の乏しい怖い生活習慣病といえます。

実は大人の歯を失う原因で最も多いのは歯周病です。つまり虫歯ではないのです。

まずはご自身の歯周病の状態をあらゆる角度から知ることが大切です。

歯周病セルフチェック

次のうち1つでも当てはまる場合は、歯周病に罹患している可能性があります。
歯科医院での早めの検診をお勧めいたします。

  •  歯ぐきの色が赤い
  •  歯と歯の間にすき間ができている
  •  歯磨きの際に出血しやすい
  •  歯茎から膿がでる
  •  冷たいもので歯がしみる
  •  起床時に口の中がネバネバする
  •  口臭がある、口臭が気になる
  •  歯茎が腫れている
  •  歯がグラグラする
  •  歯茎が下がってきた

歯周病の原因とは?

歯周病の主な原因は、歯磨きがちゃんと行われなかったことにより、食べかす等の汚れが歯面に付着し、細菌が繁殖することです。
つまり、歯周病は歯周病細菌による感染症といえます。
(虫歯もミュータンス菌による感染症です。)

なお、喫煙は歯周病を悪化させる原因になります。

歯周病菌の住家「バイオフィルム」

バイオフィルムという言葉を聞いたことがあると思います。
バイオフィルムとは、非常に除去にくい細菌の固まりといえます。

つまり、お口の中にお風呂など水回りの排水管のネバネバした部分がある状態といえます。

バイオフィルムの中には、虫歯や歯周病の原因菌が多数存在しているのです。

この厄介なバイオフィルムを除去するには、歯ブラシやフロス等でこすって物理的に除去するしかありません。

しかし、ご自宅での歯ブラシだけで完全にバイオフィルムを除去することはできません。

特に歯周ポケットの内部には、歯ブラシは届きませんのでバイオフィルムの内部の細菌を除去することはできません。

歯周病を治すには単に消毒したり、その部分に薬を入れるだけではなく、このバイオフィルムをしっかりと高度に除去していく必要があります。

とも歯科クリニックでは、歯科専門家によるスケーリングなどを行い、出来る限り大切なご自身の歯を残すようスタッフ一同努めております。
ん? 歯周病かな? と思ったら、まずはお気軽に当歯科医院までご相談ください。

ページトップへ

Copyright©   上尾の歯医者、とも歯科クリニック. All rights Reserved.